口内環境は一人一人違う

お口の中の環境は一人一人違う~自分に合ったブラッシング~

一人ひとり、顔や性格が違うように、お口の中も、みんなそれぞれ違います。

虫歯になりにくい人、なりやすい人。歯並びが良い人、悪い人、それから乳歯が残っている人など様々です。そのため、歯磨きの仕方もいろいろあります。

今回はご自身に合った歯磨き習慣は、どのようなものか詳しくお話します。

虫歯になりにくい人って?

虫歯になりにくい人は、しっかりとしたブラッシングができています。そのためプラークが少なく、虫歯や歯周病になりにくくなります。

また、唾液が多く、唾液の緩衝能が高い人も虫歯になりにくいです。

その他にも、食事をだらだら食べないとか、フッ素入りの歯磨剤を使用していることなどがあります。

虫歯になりやすい人には原因があります

まず、しっかりと歯磨きできていないことです。ご自身ではしっかりと歯磨きしているつもりでも、磨き残しがある方が多いです。

また歯並びが悪く、プラークが残りやすい環境の方も虫歯になりやすいです。

その他に、唾液が少ない、食事をだらだら食べているなどがあります。

だらだら食べるのは、どうしていけないの?

食事と食事の間に何度もおやつを食べたり、一度の食事の量が少なくて、だらだらと間食を食べてしまうことはありませんか?

そうすることで、お口の中はいつも酸性に傾いてしまいます。

酸性に傾くことで虫歯になるリスクがあがります。

虫歯を作らないために、まずはブラッシングが重要

歯磨きをすることで、お口の中がすっきりとして、味覚が鈍くなるのを防ぎます。

そのため食事がおいしく感じられ、食欲の増進が期待できます。

また、歯磨きは歯だけをきれいにするのではなく、歯肉のマッサージ効果や、唾液腺に刺激を与えて唾液の分泌を促進する効果があります。

うがいをしているから大丈夫でしょうか?

歯磨きをしなくても、薬用成分の入った洗口液でうがいをしているから大丈夫という方がいますが、それは間違っています。

どうしても歯磨きできないという場合には、洗口液で代用するのも良いと思いますが、歯磨き=うがいというのは間違いです。

洗口液ではプラークなどを除去するのは困難です。しっかり歯磨きも行うようにしましょう。

歯の根が見えている人は磨き方の改善を!

歯磨きをするときに、力強くゴシゴシ磨いていると、歯と歯茎が傷つき、歯茎が下がる原因となります。

磨くときは歯磨きを鉛筆持ちで優しく磨くようにしましょう。

どの程度の圧かわからないときは、歯科医院で聞いてみるのも良いかと思います。

ご自身の生活に合った歯磨きを

このように、歯磨きだけではなく、生活習慣から見直したほうが良い場合もあります。

歯磨きはしっかりとできているのに、虫歯ができるという方は、一度生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

前の投稿

ホワイトニングとセルフホワイトニングの違い

ホワイトニングとセルフホワイトニングの違い
治療の跡が目立たない?!~ダイレクトボンディングってなに?~
次の投稿

治療の跡が目立たない?!~ダイレクトボンディングってなに?~