治療の跡が目立たない?!~ダイレクトボンディングってなに?~

治療の跡が目立たない?!~ダイレクトボンディングってなに?~

虫歯の治療をしたあと、月日が経つにつれて着色してきた、歯の形が気にいらない、歯の隙間が気になるなど、ご自身のお口の中で気になることはありませんか?

もしかすると、お手軽に治療できるかもしれません。

ダイレクトボンディングってなに?

ダイレクトボンディングとは、歯科用のレジン(虫歯のときに詰めるプラスチック)を直接歯の表面に積み重ねて、自然な歯のように仕上げる、新しい治療法です。

どんな症例に適応しているの?

ダイレクトボンディングは、歯の詰め物が変色したところや、歯と歯の間があいて、すきっ歯になっているところ、部分的な金属を白くしたいところなどに適応します。

その他にも、歯の先端がギザギザしている部分や、ホワイトスポットやブラウンスポットをなくしたいという方に、ピッタリの治療法です。

歯が大きく欠けている場合は適応外

ただし、虫歯で大きく穴が開いてしまった場合や、欠けてしまっている場合、全体が金属のかぶせ物をしている場合は適応できません。

その場合は、セラミックなどのかぶせ物をお勧めします。

どのようなメリットがあるの?

セラミックのかぶせ物より、安く治療することができます。

また、歯を削る量が少なく、削ったところに直接レジンを積み重ねていくので、型取りの必要がなく、その日のうちに治療が終わります。

自然に近い歯が再現できる

保険適応の虫歯を削って詰める治療は、使用できるレジンの種類が限られています。

しかし、ダイレクトボンディングの場合、透明な感じや色など、様々な種類のレジンを積み重ねていくので、自然感のある歯を再現することができます。

また、治療した後に、変色や欠損が起こっても、そこだけ修復することができます。

ダイレクトボンディングのデメリットはあるの?

デメリットは、ダイレクトボンディングで使用されているレジンは、セラミックや金属よりも耐久性が劣ります。

また、費用も保険と比べると高くなります。

気になる方は、一度歯科医院で相談してみてください。

前の投稿

口内環境は一人一人違う

口内環境は一人一人違う